November 7, 2019 / 4:27 AM / in 14 days

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小幅安、米中通商合意巡る懸念で

[シドニー 7日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が小幅に下落。米中の「第1段階」の通商合意署名が遅れる可能性があるとの報道が弱材料になった。ただ、予想を上回る9月の豪貿易黒字を受けて下値は限定的。

豪ドルは0314GMT(日本時間午後0時14分)時点で0.25%安の0.68655米ドル。ここ1週間で0.6929米ドル前後の上値抵抗線の突破に4度も失敗しており、次の下値支持線は0.6849米ドルにある。

NZドルは0.3%安の0.6349米ドル。この水準にとどまれば、4営業日続落となる。

ロイターは、米中の「第1段階」の通商合意の署名が12月にずれ込む可能性があると報じた。条件や開催地を巡る協議がなお続いているという。

これを受けてリスク回避の動きとなり、アジアの株式市場はマイナス圏で寄り付いた。

一方、この日発表された豪貿易統計によると、9月の貿易黒字は71億豪ドル(49億米ドル)と市場予想を上回り、21カ月連続の黒字を記録した。輸出の大幅増が寄与した。ただ、エコノミストは豪経済の減速が当面続くと見込む。

市場ではまた、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が8日に公表する予定の最新の経済成長率・インフレ率予想が注目されている。

豪国債先物は小幅に上昇。3年物は4ティック高の99.155。10年物は5.5ティック高の98.7800。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below