December 18, 2018 / 5:11 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小幅高、米ドル下落で

[シドニー/ウェリントン 18日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが対米ドルで小幅上昇。アジアの株安が重しとなる一方、米金利見通しを巡る不透明感から米ドルが下落した。

豪ドルは対米ドルで小幅高の0.7189米ドル。安全資産の円に対しては80.83円に下落した。

米ドルは、FRBが19日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明で今後の利上げは経済指標次第になるとのシグナルを送る可能性があるとの見方から圧迫されている。

トランプ米大統領がメキシコ国境の壁建設費を巡り議会と対立する中、21日までに予算案が可決されなければ、一部の政府機関が閉鎖される可能性も出ている。

CBAの通貨ストラテジスト、リチャード・グレース氏は、米予算案が可決されず、FRBが『さらなる段階的な利上げ』を予想する姿勢から、金利は『中立に近い』との見解にシフトすれば、米ドルは週間で下落する可能性があると指摘した。

豪中銀がこの日公表した12月理事会の議事要旨によると、理事会は引き続き、次の金利変更は下向きよりも上向きになると予想しているものの、消費や住宅市場の下振れリスクを踏まえると目先の金利変更を正当化する強い根拠はないとみている。

ウエストパックのチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏は「信用や住宅市場、消費者および国外のリスクに言及があったことを踏まえると、議事要旨はよりハト派的と捉えるべき」との見方を示した。

豪国債先物は3年物が4ティック高の98.105。一時、昨年11月以来の高値を付けた。

豪10年債利回りは2.419%と、昨年6月以来の低水準付近となっている。

NZドルは0.6845米ドルに上昇。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が発表した12月の企業信頼感調査で、向こう1年間にNZ経済が悪化すると予想した回答者の割合が減少した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below