October 10, 2018 / 2:28 AM / 14 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小幅高、米国債利回りが低下

[シドニー 10日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルとニュージーランドドルが小幅続伸。米国債利回りが小幅低下したほか、主要コモディティーの輸出価格が中国の需要増加により上昇した。

豪ドルは1豪ドル=0.7119米ドルに上昇した。一段の上昇は、チャート上の明確な抵抗線である0.7142/46米ドルを抜ける必要がある。

米国債利回りが前週の急上昇後、3.21%へ低下する中、投機筋はショートスクイーズ(売りポジションの損切り注文による買い戻し)の動きをみせた。米国債利回りの豪国債に対するプレミアムは前週、51ベーシスポイント(bp)程度まで拡大していた。

ウェストパック銀のアナリストらはリポートで「10月上旬の利回り格差の拡大は顕著であり、豪ドル安の主因となったようだ」との見方を提示。「豪ドルは短期的に0.6900米ドルの安値を試す可能性がある」としたものの、「豪州の主要輸出品であるコモディティーの価格は、2016年序盤より大幅に上昇しているため、0.70米ドルを割り込んでも短期間にとどまるだろう」と予想した。

中国の製鋼所が1週間の休暇を経て操業を再開する中、鉄鉱石価格は9日、3月後半以来初めて1トン=70ドルを突破した。鉄鉱石は豪州にとって単独で最大の輸出品で、中国向けが80%以上を占める。

NZドルは小幅高の1NZドル=0.6490米ドル。ただ、8日付けた安値の0.6424米ドルからはあまり離れていない。上値抵抗線は0.6500米ドル近辺で、テクニカルな基調は引き続き下向きとみられる。

豪国債先物は上昇。3年物が0.5ティック高の97.860、10年物は2.5ティック高の97.2350。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below