June 24, 2019 / 4:13 AM / 6 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小幅高、NZ中銀の26日会合に注目

[シドニー 24日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは小幅高。米ドルは米連邦準備理事会(FRB)の大幅な利下げ観測を背景に下落している。

豪ドルは0.6957米ドルで推移。先週は0.6832米ドルの安値を付けていた。チャート上の抵抗線は0.6965─0.7025米ドル。

NZドルは0.6596米ドルで、最近付けた0.6488米ドルの安値から上昇している。0.6605米ドルで抵抗線に直面する。主要抵抗線は0.6681米ドル。

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は26日の会合で政策金利を据え置くと予想されるが、他の中銀と同様にハト派姿勢を示すことが見込まれる。

キウィバンクのチーフエコノミスト、ジャロッド・カー氏は「複数の中銀が追加緩和を目指す中、NZ中銀はこれに追随するプレッシャーに直面している。そうでなければ金融市場の反発を招くリスクがある」と指摘。「複数の中銀は、他の中銀がより積極的な利下げを行うことを懸念している」と述べた。

実際、市場は既にFRBによる100ベーシスポイント(bp)以上の利下げを織り込んでいる。この利下げ幅の予想は、NZ中銀とオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が行うと予想されている利下げ幅よりも大きい。

投資家は、NZ中銀が年末までに政策金利を50bp引き下げ1%とすることを織り込んでいる。

豪中銀については、先物市場では来週の会合で追加利下げが行われる確率は80%以上となっている。クリスマスまでに政策金利は計50bp引き下げられ0.75%となると予想されている。

豪国債先物は小幅安。3年物は2.5ティック安の99.120、10年物は3ティック安の98.6850。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below