May 27, 2019 / 2:59 AM / 25 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル底堅い、米中貿易巡り様子見

[シドニー 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、米中貿易摩擦を巡る次の展開が待たれる中、豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が対米ドルで底堅く推移している。

豪ドルは0.6931米ドルと最近付けた5カ月ぶり安値(0.6865米ドル)を上回る水準。5カ月ぶり安値水準は現在、強力な支持線を形成している。抵抗線は0.6940米ドルと0.6960米ドル。

NZドルは小幅高の0.6553米ドル。先週付けた7カ月ぶりの安値(0.6482米ドル)から遠ざかっている。

利下げ観測の高まりから両通貨はこのところ圧迫されており、債券市場は堅調に推移している。

オーストラリア準備銀行(RBA)のロウ総裁は先週、6月4日の理事会で利下げを検討すると述べた。これを受けて国内4大銀行はそろって0.25%ポイントの利下げを予想した。

ウエストパックのチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏は「ウエストパックは6月、8月、11月と2019年に3回の利下げを予想しており、キャッシュレートは1.5%から0.75%に低下する見込みだ。その後は2020年を通じてこの水準が維持されるだろう」と語った。

豪ドルについては「年末までに0.68米ドルに下落すると2月に予想したが、0.66米ドルに下方修正した」とし、「コモディティー(商品)価格に関するわれわれの建設的な見解と2019年を通じて米フェデラルファンド金利が据え置かれるとの見方に基づいた予想だ」と説明した。

豪3年債利回りは1.09%と過去最低を付け、年初の1.82%を大幅に下回っている。

豪10年債先物は過去最高値から2ティック安の98.4500。

ニュージーランド中銀はすでに利下げに着手しており、年末までに追加利下げが実施されるとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below