for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル急伸、世界経済の回復期待で

[シドニー 25日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルがともに急伸。新型コロナウイルスワクチン開発の進展を受けた世界経済の回復期待で国際商品相場と国債利回りが上昇したことが支援材料。

中国における強い鉄鋼需要を背景に鉄鉱石価格は6年強ぶりの高値に接近しており、輸出品の中で鉄鉱石から最大の収入を得ているオーストラリアへの恩恵は大きいとみられる。

豪ドルは0.7365米ドルに上昇。抵抗線となっていた11月のこれまでの高値である0.7340米ドルを上抜けた。月初からは5%近く上昇している。

次の抵抗線は9月の高値(0.7413米ドル)で、これを突破すれば2018年8月以来の水準を試すことになる。

NZドルは一時0.7000米ドルを突破し、2018年半ば以来の高値を記録。直近は0.6974米ドル。月初からは約5.5%上昇。

NZ政府は24日、中銀に対し、付託された金融政策権限の一環として住宅市場の安定を考慮するよう提案したことを明らかにした。

NZ中銀のオア総裁は25日、中銀は既に住宅市場を考慮に入れていると指摘。ただ、過熱気味の住宅市況に一段と注目することは、追加緩和の阻害要因になると投資家は見ている。

キーウィ銀行のチーフエコノミスト、ジャロッド・カー氏は「中銀の責務を、住宅価格を明示的に含める形で修正するとの提案は、金融引き締めの可能性を示していると市場では受け止められた」と述べた。「追加利下げはテーブルの端に追いやられたようだ」とした。

オーバーナイト・インデックス・スワップは21年末までに約8ベーシスポイント(bp)の利下げが行われる確率を織り込む水準にある。利下げ予測の幅は数週間前の25bp超から縮小した。

一方、NZ5年債利回りは8月ぶりの高水準である0.385%を付けた。9月終盤時点のマイナス0.03%から大きく転換している。

10年債利回りは7月以来の高水準である0.98%。

豪10年債利回りは0.944%と、過去3営業日で10bp上昇。3年債先物は小幅に下落し、99.825。下値はオーストラリア準備銀行(中銀)の買いに支えられている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up