March 11, 2019 / 3:18 AM / 5 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル軟調、利下げ観測で

[シドニー 11日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が軟調。米連邦準備理事会(FRB)が金利変更を急がない姿勢を示す中、国内の利下げ観測が高まっていることが背景。

豪ドルの対米ドル相場は0.7034米ドル近辺で推移。8日には米雇用統計を受けて米ドルが下落する前に、豪ドルは一時0.7003米ドルまで下落していた。抵抗線は0.7050米ドル付近。0.7092米ドル付近にはさらに強力な抵抗線がある。

NZドルの対米ドル相場は0.6789米ドルにやや軟化。ただ、前週の安値(0.6745米ドル)は上回っている。抵抗線は0.6811米ドル。これまでに付けた日中高値の0.6830─0.6850米ドルにも抵抗帯がある。

FRBのパウエル議長は、10日の米CBSテレビのインタビューで、FRBは世界経済の減速が米国内の状況にどのような影響を及ぼすか見極めているため、金利変更を「急ぐいかなる必要性も感じていない」と表明した。

しかし、オーストラリアでは景気低迷や低インフレ、中国の景気減速を背景に利下げ観測が浮上している。

先物市場は現在、9月までの25ベーシスポイント(bp)利下げを完全に織り込んでいる。

豪3年債利回りは1.599%と現在の政策金利をわずかに上回る水準まで低下している。

豪債券先物の3年物は98.390で、2016年終盤以来の高値近辺。10年物は98.0300で2016年10月以来の高値。利回りは1.97%。

ニュージーランドの指標はオーストラリアよりも強い内容となっているものの、同国でも利下げの可能性が織り込まれつつある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below