July 12, 2018 / 4:02 AM / 4 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル軟調、米中貿易摩擦の影響注視

[シドニー/ウェリントン 12日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが対米ドルで軟調に推移した。トランプ米政権が追加で2000億ドル相当の中国製品に10%の関税を適用する方針を明らかにするなど、米中貿易摩擦が一段と激しさを増す中、コモディティー(商品)価格や中国経済の動向に影響を受けやすい豪ドルとNZドルは圧迫されている。

豪ドルは直近で0.7374米ドル。オーバーナイトには、米ドルが幅広く上昇する中で豪ドルは1.2%下落した。上値抵抗線の0.7480米ドルから押し戻されたことは、これまでの上昇トレンドが終了したことを意味し、テクニカル的にも再び弱気に転じた。

アクシトレーダーのチーフマーケットストラテジスト、グレッグ・マッケナ氏は「貿易摩擦が危険な水準にまでエスカレートする中、豪経済や世界経済への影響を巡る強い不安心理の表れ」との見方を示した。

NZドルは0.6750米ドルに下落。前日は1.2%安と2月以来の大幅な下げを記録した。支持線は0.6737米ドル付近で、最近付けた2年ぶり安値の0.6688米ドルがその次の支持線。

豪国債先物は小幅に下落したが、依然として最近付けた3カ月ぶりの高値付近にある。3年物は0.5ティック安の97.935、10年物は1.5ティック安の97.3700。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below