July 2, 2018 / 4:19 AM / 16 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル軟調、米中貿易摩擦を懸念

[シドニー/ウェリントン 2日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが直近の安値近辺で推移している。中国資産価格の下落や世界的な貿易摩擦への懸念を背景にリスク選好度が低下している。

豪ドル/米ドルは、抵抗線の0.7415米ドル近辺をつけた後、0.7382米ドルに下落。先週は、2017年初め以来の安値となる0.7323米ドルを記録した。

国内経済指標はまちまちの数字で、豪中銀が当面政策金利を据え置くとの見方に変わりはない。

6月の豪主要都市の住宅価格指数は前月比0.3%低下と、9カ月連続のマイナスとなった。融資基準の厳格化を背景にシドニーとメルボルンで投資需要が落ち込んだ。

6月の求人広告件数は前月比減少し、前年比では伸びが大幅に減速した。

コモンウェルス銀行(CBA)/IHSマークイットが発表した6月のオーストラリア製造業購買担当者景気指数(PMI)は季節調整済みで55.0と、5月の53.2から上昇した。

豪中銀はあす政策会合を開くが、金利据え置きがほぼ確実視されている。

NZドル/米ドルは、0.6773米ドルで小動き。28日には2016年半ば以来の安値となる0.6737米ドル近辺をつけた。

豪国債先物は3年物が0.5ティック高の97.925、10年物が2ティック高の97.3800。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below