July 9, 2019 / 3:59 AM / 7 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル軟調、米大幅利下げ観測が後退

[シドニー 9日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは主要な下値支持線付近で軟調に推移している。米国の大幅利下げ観測が後退したことが背景。

豪ドルは1豪ドル=0.6957米ドルに下落。下値支持線の0.6956米ドルを下抜ける可能性もある。

NZドルは1NZドル=0.6626米ドル。最近の高値0.6737米ドルを大幅に下回っている。下値支持線は0.6590/0.6603米ドル付近。

市場では、先週末の米雇用統計発表を受けて、米連邦準備理事会(FRB)が今月大幅な利下げを実施するとの観測が後退。豪ドルとNZドルは先週末以降、下落している。

先物市場が予想するFRBの50bp利下げの確率は、雇用統計発表前の25%から3%未満に低下。25bpの利下げは依然として完全に織り込まれている。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が10日の議会証言でハト派的な姿勢を示さなければ、市場が動揺する可能性がある。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリストは「議長は米経済の明るい点をすべて強調し、利下げについて質問されれば、景気回復を持続させるためあらゆる手段を活用するとの発言を繰り返すだろう」と指摘した。

この日発表された豪経済指標は、あまり芳しいものではなかった。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した6月の企業信頼感指数は前月のプラス7から5ポイント低下し、プラス2となった。企業景況感指数は2ポイント上昇のプラス3だった。

豪中銀は6月と7月に利下げを実施。市場は少なくともあと1回の利下げを見込んでいる。

先物市場はクリスマスまでに84%の確率で1回の利下げがあると予想している。見通しは豪中銀の期待通りに失業率が改善するかどうかに大きく左右されるとみられている。

豪10年債先物は1ティック低下の98.6600。最近記録した過去最高値の98.7350をわずかに下回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below