July 16, 2020 / 5:10 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル軟調、経済指標まちまち

[シドニー 16日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが軟調。国内外の経済指標が強弱まちまちで、主要な抵抗線突破への弾みがつかなかった。

豪ドルは対米ドルで小幅安の1豪ドル=0.6990米ドル。オーバーナイトでは6月高値(0.7069米ドル)にある上値抵抗線に再び阻まれ、5週間ぶり高値の0.7038米ドルでピークアウトした。

NZドルも0.6600米ドル付近にある抵抗線を突破できず、0.6582米ドルの高値から0.6556米ドルに押し戻された。

両通貨とも中国の国内総生産(GDP)が予想以上に回復したことを受けて上昇を試みたものの、小売統計が失望を誘い、相場の重しとなった。

豪国内では、6月の雇用統計で就業者数が前月比21万0800人増加したが、職探しを再開する人が増えるなか失業率は7.4%と、前月の7.1%から悪化し、1998年11月以来の高水準を記録した。

NZの第2・四半期の消費者物価指数(CPI)は前期比0.5%低下し、4年ぶりの大幅な落ち込みとなった。

キーウィ銀行のエコノミストは、デフレ圧力を踏まえると金融政策は当分の間、緩和的になるだろうと指摘。NZ中央銀行が8月にも国債買い入れを拡大する可能性があるとの見方を示した。

NZ中銀は資産買い入れ規模を600億NZドル(393億6000万米ドル)としているが、キーウィ銀行は1000億NZドルに向けて拡大されると予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below