October 23, 2019 / 2:46 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル軟調、英EU離脱巡る動きでリスクオフ

[シドニー 23日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが軟調に推移している。国内の材料が乏しい中、主要な上値抵抗線に阻まれている。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る最新の展開を受けて、世界的にリスク許容度が低下している。

豪ドルは1豪ドル=0.6855米ドルに下落。チャート上で強力な抵抗線となっている9月高値(0.6895米ドル)をブレークできず、5週間ぶり高値の0.6883米ドルから後退した。

NZドルも、ピークの1NZドル=0.6436米ドルから0.6409米ドルに押し戻されたた。9月高値の0.6450米ドルが抵抗線。

NABのシニア外為ストラテジスト、ロドリゴ・キャットリル氏は「テクニカル的にみて、両通貨ともに上値余地がある。豪ドルは0.6970米ドル付近の200日移動平均線がテクニカル的に重要な抵抗線であり、NZドルは0.6450米ドルが目先の抵抗線だ」と述べた。

英議会下院は22日、EU離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議(プログラム動議)を賛成308、反対322の反対多数で否決した。これを受け、ジョンソン首相が目指す10月31日付での離脱はほぼ不可能になった。

豪政府債先物は、このところの大幅な下げを一部取り戻した。3年債は3ティック高の99.250、10年債は4.5ティック高の98.8750。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below