March 27, 2020 / 2:22 AM / 13 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル高い、米失業申請急増受け

[シドニー 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが上昇。週間では8年ぶりの大きな上昇率となる見通し。米失業保険申請件数の急増などを受けて米ドルが下落した流れを引き継いだ。

豪ドルは0.6066米ドルと、前日に付けた0.5870米ドルの安値から持ち直した。今週の上昇率は4.4%と、2011年以来の大きさとなっている。

NZドルは0.5960米ドル。前日は0.5779米ドルまで一時下げた。今週は4.6%上昇と、同じく2011年以来の大きな上げ。

米労働省が26日に発表した21日終了週の新規失業保険申請件数は過去最多の328万件となり、パウエルFRB議長は新型コロナウイルス感染拡大の景気への悪影響を和らげるために「積極的に」行動すると表明した。

FRBの積極緩和策は世界の株式市場を支援し、債券市場の流動性ひっ迫を和らげ、結果として豪ドルやNZドルのようなリスク資産の支援材料となっている。

NABの外為戦略責任者、レイ・アトリル氏は「経済に関する悪いニュースが今後数週間続くことが市場ではほぼ織り込み済みになっているようだ」と分析。「一段と大規模な金融・財政の支援策が現在の市場を動かす主要因になっている」とした。

豪準備銀行(中銀)はこの日、30億豪ドルの国債買い入れを新たに実施。3月20日の量的緩和策開始以降の買い入れ額は160億豪ドルに上った。

NZ準備銀行(中銀)は同日、来週に13億5000万NZドル相当の国債を買い入れると発表。当初予定していた7億5000万NZドルのほぼ2倍の額だ。

中銀の買い入れを背景に、豪3年債利回りは0.306%の低水準を維持。

NZ10年債利回りも1.115%で安定推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below