March 6, 2020 / 3:54 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル、対ドルでは堅調

[シドニー 6日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは、対米ドルでは週間ベースで堅調に推移している。米国債利回りが急低下したことが背景。

ただ3通貨とも対ユーロと対円では下落。政策金利の見通しが急激に変化している。

豪ドルは1豪ドル=0.6596米ドルと、今週初めから1.3%近く上昇。11年ぶりの安値0.6454米ドルから値上がりしている。ただ、上値抵抗線の0.6646米ドル付近を明確に上抜けておらず、下げに転じる可能性も残されている。

1月の豪小売売上高が前月比0.3%減と予想を下回ったことは圧迫材料。山火事や煙害で消費者が外出を控えた。

NZドルは1NZドル=0.6306米ドルと、週間ベースで0.9%上昇。11年ぶり安値の0.6180米ドルから値上がりしている。上値抵抗線は0.6334─0.6359米ドル。

ただ、豪ドルとNZドルの上昇は、国内経済の力強さを示唆するものではなく、米追加利下げ観測の高まりが原因。

先物市場は米連邦準備理事会(FRB)が今月18日に50ベーシスポイント(bp)の追加利下げを実施する確率を95%と見込んでいる。クリスマスまでに政策金利がゼロに近づく可能性がある。

豪中銀は今週25bpの利下げを実施したが、当局は追加利下げの余地はあと1回しかないと強調している。

米10年債利回りは0.83%に急低下。豪10年債利回りとの格差は、今年初めの60bp強から約15bpに縮小している。

ウエストパックの為替担当シニアアナリスト、ショーン・キャロー氏は「目先、世界的なドル安ムードが続く公算が大きい」とした上で「ただ全体としては、豪ドルはクロスでは引き続き軟調で、今後数週間の妥当な目標が0.6400米ドル弱であることに変わりはない」と述べた。

豪ドル/円は2019年の安値69.93円を割り込み、2009年4月以来の安値の68.89円。

ユーロ/豪ドルは2009年以来の高値となる1.7123豪ドル。過去1年の大半の期間で続いていた狭いレンジを抜けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below