June 29, 2017 / 5:35 AM / 7 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル、数カ月ぶり高値 米ドル下落で

[シドニー/ウェリントン 29日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが3カ月ぶり高値に上昇している。ニュージーランド(NZ)ドルも上昇し、2月以来の高値付近。欧州と英国で政策が引き締められるとの見方を背景に米ドルが軟調に推移していることが主な背景。

豪ドルの対米ドル相場は0.7636米ドルの抵抗線を上抜けし、3月30日以来の高値となる0.7664米ドルを付けた。

豪ドルは6月初め以降上昇しており、6月の上げ幅は1月以来の大きさとなる見込み。

また鉄鉱石価格の上昇も豪ドルを支援している。

キャピタル・エコノミクスのジョン・ヒギンズ氏は、米ドルの下落について、米国外での量的緩和が近く終了するとの見方が強まっていることを反映している、と指摘した。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は27日、大規模な債券買い入れや超低金利といったECBの政策を微調整する可能性を示唆した。これを受けてユーロは上昇した。

また、イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は28日、英経済が完全稼動の状態に近づくにつれ中銀は利上げを実施する必要が出てくる可能性があり、金融政策委員会(MPC)はこのことについて「向こう数カ月」以内に討議すると述べた。

ただヒギンズ氏は、米連邦準備理事会(FRB)による利上げが投資家の想定より多くなると見込んでいるとし、今年後半に米ドルが主要通貨に対して幅広く上昇すると予想していると述べた。

NZドルの対米ドル相場は0.7324米ドルと、最近付けた5カ月ぶり高値(0.7344米ドル)に近い水準。

6月のニュージーランド企業信頼感指数が9カ月ぶり高水準となったこともNZドルの支援材料となっている。

ANZのエコノミスト、シャロン・ゾルナー氏はNZドルについて、「引き続き0.7300米ドルを上回る水準で売り圧力にさらされている」とした上で、「特に30日発表の米インフレ指標が下振れすれば、この水準を上放れることもあり得る」との見方を示した。

豪国債先物は数週間ぶり安値。3年物は5ティック安の98.070と、5月9日以来の安値。10年物は4.5ティック安の97.4550。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below