January 17, 2020 / 3:10 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル、週間で横ばい

[シドニー 17日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは、週間ベースで横ばい。中国の経済指標は予想通りか予想を上回る内容となったが、大幅に上昇する展開とはなっていない。

第4・四半期の中国の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.0%増と、予想と一致。12月の中国の小売売上高と鉱工業生産は予想を上回った。

これを受け、豪ドルは1豪ドル=0.6900米ドルに小幅上昇。ただ0.6935米ドル付近の上値抵抗線は突破できず、週間ベースで横ばいとなっている。昨年12月の高値0.7032米ドルよりも、今月の安値0.6849米ドルに近い水準で取引されている。

対円では過去2週間で1.2%上昇し、1豪ドル=76.03円。最近の安値73.72円から大幅に上昇している。76.50円付近が強固な上値抵抗線となっている。

NZドルは1NZドル=0.6644米ドルに小幅上昇。週間ベースでは、やはり横ばいとなっている。下値支持線は0.6586米ドル、上値抵抗線は0.6665米ドル。

今週発表されたNZの指標では住宅価格の上昇が示されており、利下げ観測は後退している。市場は、NZ中銀が来月12日の政策決定会合で利下げする確率は事実上ないと予想。6月までの利下げは約40%の確率で織り込まれている。

これに対し、豪中銀が来月4日の理事会で利下げする確率は46%、6月までの利下げはほぼ100%の確率で織り込まれている。

オーストラリアでは、大規模な森林火災が消費者心理を圧迫する要因となっており、追加利下げ観測が強まっている。

これを受け、豪3年債先物は99.235と、昨年12月の下旬の安値99.055から上昇。10年債先物は98.8000で横ばい、インプライド・イールドは1.2%となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below