June 14, 2019 / 4:08 AM / 6 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル、週間ベースで下落へ

[シドニー 14日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは週間ベースで下落する見込み。軟調な国内経済指標や米中の関税を巡る対立を背景に、投資家はオーストラリアとNZで積極的な利下げが必要となると予想している。

豪ドルは0.6892米ドルに小幅下落。週間ベースでは現時点で1.5%安と、5月半ば以来の大幅な下げとなっている。次の主要支持線は5カ月ぶり安値の0.6865米ドル。

NZドルは0.6534米ドルで推移している。週間ベースでは2%安となる見込み。チャート上の支持線は0.6482米ドルと0.6424米ドル。

豪中銀は今月、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の1.25%とすることを決定。先物市場では、7月の25bp利下げの確率が66%となっている。7月に利下げが行われなければ、8月までに実施されることが確実視されている。

今週発表された豪雇用統計がまちまちの内容となったことから、中銀がさらに大幅な利下げを行う必要があるとの臆測が広がっている。市場は年末までに金利が0.75%に引き下げられる確率を織り込んでいる。

豪債券利回りは過去最低水準を更新。豪3年債利回りは初めて1%の節目を割り込み、直近では0.984%。今週に入って9bp低下している。

豪国債先物は上昇し、3年物は過去最高値を更新。直近では1ティック高の99.005。10年物は2.75ティック高の98.6125。

一方、NZについては、キウィバンクのチーフエコノミスト、ジャロッド・カー氏は「NZ経済は予想をはるかに上回るペースで減速し、現在は潜在成長率を下回っている」と指摘。「われわれは8月に1.25%への利下げが行われると予想しており、また中銀が0.75%まで利下げ継続を余儀なくさせられる確率は40%だとみている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below