Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル、2週連続で下落の見込み
2017年10月27日 / 05:42 / 23日後

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル、2週連続で下落の見込み

[シドニー/ウェリントン 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが対米ドルで3カ月半ぶり安値。最高裁の判断により、ジョイス副首相が二重国籍問題で議席を失っため、ターンブル政権は下院で過半数割れとなった。

豪ドル/米ドルは一時0.7623米ドルと、7月11日以来の安値を付けた。直近では0.26%安の0.7641米ドル。

週間ベースでは豪ドルは米ドルに対して2.3%安で、下げ幅は2016年11月以来の大きさ。

ただ、欠員が生じたことによって12月2日に行われる予定の補欠選挙で、ジョイス氏が再び勝利すれば、ターンブル政権は過半数議席を取り戻す可能性がある。

外為投資家は政局を巡る不透明感が豪ドルの大きな重しとはならないとみている。ナショナル・オーストラリア銀行(シドニー)のエコノミスト、タパス・ストリックランド氏は、ジョイス氏が補欠選挙で議席を取り戻すと市場はみていると述べた。

ニュージーランド(NZ)ドルは下落し、一時0.6818米ドルと、5カ月ぶり安値。週間では2週連続での下落となる見込み。

投資家は、労働党主導の連立政権が移民や外資に対する厳しい姿勢を示し、中銀の責務を見直す可能性を懸念している。

豪国債先物は小幅安。3年物は1ティック安の97.930、10年物は2ティック安の97.20。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below