February 5, 2019 / 5:49 AM / 16 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル上昇、中銀は明確なハト派シフト示さず

[シドニー/ウェリントン 5日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルは上昇。オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は政策金利の据え置きを決定。ただ弱気筋の多くが予想していたほどハト派姿勢を示さず、ショートカバーが膨らんだ。

豪ドルは1豪ドル=0.7255米ドルに上昇。これより先に発表された小売売上高が失望を誘う内容となったことを受け、一時は0.7194米ドルの安値を付けていた。現在の抵抗線は0.7284米ドル付近。

豪中銀は経済成長率とインフレ率の見通しを下方修正し、国内外で下方リスクが一部高まったと指摘。しかし多くの投機筋が予想していたような政策の明確なハト派へのシフトはみられなかった。

豪国債先物は下落。3年物は2.5ティック安の98.240、10年物は2ティック安の97.7500。

最近発表された国内指標がさえない内容となったことを受け、先物市場は引き続き、豪中銀が年末までに現在1.50%の政策金利を引き下げる確率について、およそ五分五分と織り込んでいる。

オーストラリア連邦統計局(ABS)が発表した12月の小売売上高は前月比0.4%減少し、2017年12月(0.5%減)以来の大幅な落ち込みを記録した。

CBAのシニアエコノミスト、ギャレス・エアード氏は「小売りは家計消費全体の約3分の1に相当することから、第4・四半期の消費者支出が弱い内容となることが示唆される」と警告。「雇用の十分な伸び、労働市場のタイト化、賃金上昇の緩やかな伸びにもかかわらず、消費の伸びは弱まっている」と述べ、住宅価格の下落が消費者の慎重姿勢の原因の一つであるとの見方を示した。

ニュージーランド(NZ)ドルは、1NZドル=0.6899米ドルに上昇。一時は0.6871米ドルの安値を付けていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below