March 3, 2020 / 4:59 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル上昇、新型ウイルス巡る対応で中銀が利下げ

[シドニー 3日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが上昇。新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響緩和に向けた世界的な取り組みの一環として、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が政策金利を引き下げたことが背景。

豪中銀は3日開催した理事会で、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを0.75%から0.5%に25ベーシスポイント(bp)引き下げ、追加緩和に含みを残した。

今四半期の成長率はこれまでの予想よりも「かなり低い」見通しだとし、米国をはじめ大方の国で追加緩和策が見込まれると指摘した。

新型ウイルスを巡る市場の動揺を受け、政策当局者らが対応を迫られるとの見方から、ここ数日で利下げ観測が急速に高まった。

一部では25bp以上の利下げも織り込まれていたため、豪中銀の決定を受け、ショートカバーが入った。

豪ドルの対米ドル相場は0.3%高の0.6559米ドルと、最近付けた11年ぶり安値の0.6435米ドルから離れ、0.6585米ドル近辺の抵抗線に直面している。

ニュージーランド(NZ)ドルの米ドル相場は0.6270米ドル近辺で堅調に推移。前日には2009年以来の安値となる0.6180米ドルを付けていた。

金利先物市場では豪中銀の追加利下げ確率が依然として織り込まれている。5月までに政策金利が0.25%に引き下げられる確率は86%、6月まででは100%となっている。

NZ準備銀行(RBNZ、中銀)に関しては、3月25日の会合で政策金利が25bp引き下げられ、0.75%になると予想されている。年末までには0.5%への追加引き下げも見込まれている。

豪債先物は上昇。3年物は2ティック高の99.585、10年物は2.5ティック高の99.2250。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below