September 26, 2018 / 4:37 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル上昇、米FOMC決定控え

[シドニー/ウェリントン 26日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での決定を控え、豪ドルが上昇している。FOMCでは利上げが予想されている。

豪ドルの対米ドル相場は0.36%高の1豪ドル=0.7276米ドル。支持線は0.7236米ドル。0.7295/7305米ドルには強力な抵抗線がある。

ドイツ銀行の為替戦略部門グローバル共同責任者、アラン・ラスキン氏は「会見が開かれるFOMCと米連邦準備理事会(FRB)の政策引き締めに関して言えば、これまでの為替市場では『事実で売る』というパターンが確認されている」と述べた。

同氏によると、過去6回の会見を伴うFOMCでは、このうち5回では金利が引き上げられたにもかかわらず、豪ドルはいずれの場合も上昇したという。

同氏はその上で、これまでのデータによると、投資家はFRBの会合の翌日に米ドルを買い戻す傾向があると指摘。現在の引き締めサイクルでの7回の利上げ時のうち、6回では豪ドルは下落した。米利上げ決定日に米ドルを売り、その翌日に買いを入れるべきだとの考えを示した。

ニュージーランド(NZ)ドルの対米ドル相場は、9月のニュージーランド(NZ)企業信頼感指数の発表後に1NZドル=0.6646米ドルから0.6680米ドルに上昇。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が発表した同指数は、10年ぶり低水準だった8月から改善した。

発表を受け、投資家がNZ準備銀行(中央銀行)による利下げを織り込む確率はさらに低下。中銀は27日の会合で政策金利を据え置くと予想されている。

ノムラのエコノミストは、中銀が利下げを行った場合に備えて市場ではここ数週間でNZドルをショートにし、債券をロングにする動きがみられていたと指摘。「中銀のトーンがよりポジティブにシフトすれば、市場は影響を受けやすい」と警告した。

豪国債先物は、3年物 が1ティック高の97.835、10年物が横ばいの97.2300。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below