July 11, 2019 / 5:17 AM / 12 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル上昇、FRB議長発言受けた米ドル安で

[シドニー 11日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が議会証言でハト派的な姿勢を示したことから、米ドルが全面安となった。

豪ドル/米ドルは0.6975米ドル。オーバーナイトでは一時、3週間ぶり安値となる0.6911米ドルをつけた。

NZドル/米ドルも0.6665米ドルに反発。前日は0.6567米ドルまで下げた。

豪ドルとNZドルは、最近の底堅い米雇用指標を受け、米国の7月の大幅利下げ観測が後退して以降、軟調になっていた。

パウエル議長は下院金融サービス委員会で行った半期に一度の証言で、貿易摩擦を巡る懸念や世界経済減速への不安によって米経済見通しを巡る不透明感が増しているとし、FRBは「必要に応じ行動する」と言明した。

議長の発言を受け、今月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で25ベーシスポイント(bp)の利下げがほぼ確実に行われるとの見方が広がり、さらに大幅な利下げもあり得るとの観測も浮上した。市場が織り込む50bpの利下げ確率は議長発言前はゼロだったが、発言後には25%に上昇した。

豪3年債の利回りは0.944%。今週に入り1.00%まで上昇していた。10年債先物は98.655。オーバーナイトにつけた98.6000から反発した。

NZ2年債の利回りは1.158%。過去最低の1.123%をわずかに上回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below