January 25, 2018 / 2:37 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル上昇、NZドルは予想下回るCPI受け下落

[シドニー/ウェリントン 25日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルが対米ドルで大幅上昇。ムニューシン米財務長官が米ドル安は米国にとって望ましいとの見解を示し、投機筋による米ドル売りが優勢となった。

豪ドルはオーバーナイトでほぼ1セント上昇し、4カ月ぶり高値となる0.8083米ドルを付けた後、0.8065米ドル近辺。0.8030/40米ドルの上値抵抗線を突破した。次の抵抗線は、昨年9月に付けた0.8105米ドルおよび0.8125米ドルとみられる。

今週はトランプ大統領が家庭用大型洗濯機や太陽電池などに関税を課すと発表し、貿易戦争への懸念が拡大。潮目が変わりつつある。

ドイツ銀行のマクロストラテジスト、アラン・ラスキン氏は「保護貿易主義が広がる中で、ムニューシン財務長官の発言からは、ドルは貿易政策の一部とみなされているという結論を出さざるを得なくなった」と指摘。「米政府は以前から、弱いドルに対し扉を開いていた。ドル弱気派は一段と、この扉から入る誘いを利用しつつある」と述べた。

NZドルはオーバーナイトで0.7435米ドルへ上昇したものの、第4・四半期の消費者物価指数(CPI)の発表を受けて上げ幅を縮め、0.7349米ドル近辺で推移している。CPIは前期比0.1%上昇と、予想(0.4%)を下回る伸びとなった。

投資家らは、今年の利上げの見通しを引き下げている。

キャピタル・エコノミクスの豪・NZ担当チーフエコノミスト、ポール・デールズ氏は「インフレは目標(1─3%)の中間近辺に向けて上昇するより、そこから離れようとしている」と分析。「インフレは2019年後半まで上昇しないだろう。NZドルは0.73米ドルから0.70米ドルを下回る水準まで下落するかもしれない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below