Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、中銀がインフレ予想引き下げ
2017年11月10日 / 04:44 / 8日後

シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、中銀がインフレ予想引き下げ

[シドニー/ウェリントン 10日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルは下落。豪中銀がインフレと経済成長率の予想を下方修正したことを受け、金利据え置きが続くとの見方が広がった。

オーストラリア準備銀行(中銀)はこの日公表した四半期金融政策報告で、基調インフレ率が目標レンジ2─3%の下限に達するのは2019年初め以降になるとの見通しを示した。

豪ドルは1豪ドル=0.7680米ドルに小幅下落。中銀の四半期報告公表後には一時0.7665米ドルまで下げた。

ウエストパックのチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏は「豪中銀はコアインフレ率があと1年、目標を下回ると予想している。その後も目標レンジの下限にしか到達しない」とし、「ロウ総裁は次の金利変更が引き上げ方向になるとの見方を引き続き示すだろうが、われわれは長期にわたる据え置きを示す発言が強まるとみている」と述べた。

ニュージーランド(NZ)ドルは1NZドル=0.6954米ドル近辺。前日に付けた2週間ぶり高値の0.6980米ドルを下回っている。週間では2週連続で上昇する見通し。

ただアナリストは、労働党政権の政策を巡る不透明感から、NZドルの上昇になお慎重な見方を示している。ANZのシニアエコノミスト、シャロン・ゾルナー氏は「(NZドルの)持続的な上昇には米ドルを巡るセンチメントが継続して悪化する必要がある」と指摘した。その上で、米税制改革の進展に引き続き遅れが生じれば、そういった可能性もあると述べた。

豪国債先物はまちまち。3年物は横ばいの98.040。10年物は1.5ティック安の97.370。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below