Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、米国債との利回り格差が縮小
2017年11月13日 / 03:38 / 5日後

シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、米国債との利回り格差が縮小

[シドニー/ウェリントン 13日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルがチャート上の下値支持線近辺。米国債に対する豪国債利回りの上乗せが2001年以来の水準に縮小した。ニュージーランドドルは小幅安。

豪ドルは0.7653米ドルと、下値支持線とみられる0.7625/30米ドルをわずかに上回る水準で推移している。

この水準より豪ドル安となった場合、7月上旬以来の安値圏になる見込みで、少なくともリトレースメントの支持線0.7570米ドル、もしくは0.7535米ドルへの道が開かれるとみられる。

豪州では利上げ見通しが後退し、半面、米国では12月の利上げがほぼ完全に織り込まれる中、豪ドルは下落している。米豪2年債の利回り格差は15ベーシスポイント(bp)まで縮小した。

豪ウェストパック銀行のチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏は「豪州の多額の海外債務に対する海外投資への依存は、魅力的な利回りか、通貨安を提供できるかどうかにかかっている」との見方を示した。

さらに、前回豪国債利回りが米国債を下回ったのは1999年6月―2000年12月で、この期間に豪ドルは0.6500米ドルから下落し、一時0.5100米ドル前後まで売られたと指摘。「当社は豪ドルが2018年末までに0.7000米ドルへ、その後19年半ばまでに0.6800米ドルまで下落すると予想する」と述べた。

NZドルは小幅安の0.6919米ドル。前週付けた2週間ぶり高値の0.6980米ドルから下落した。

コモンウェルス銀行(CBA)の上級為替ストラテジスト、エリアス・ハダド氏は「NZドルは最近2カ月売られすぎており、NZドル/米ドル相場は比較的短期間のうちに0.7000米ドルより上昇するだろう」と予想。「今後数カ月以内に、200日移動平均の0.7140米ドルを試すことになる」と述べた。

豪国債先物は下落。3年物が1ティック安の98.030、10年物は0.5ティック安の97.3650。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below