February 6, 2019 / 2:40 AM / 18 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、豪中銀が利下げへの道開く

[シドニー 6日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリア準備銀行(RBA)のロウ総裁の講演を受けて豪ドルが下落している。

豪ドルの対米ドル相場は0.8%安の0.7180米ドル。

ロウ総裁は、次の金利の動きが上下方向のどちらにもなる可能性があることを示唆し、長く維持してきた引き締めバイアスからシフト。国内外で下向きのリスクが増大していることから投資家の間で年内に利下げが必要になるとの見方が高まった。

金利先物市場は現在、年末までに25ベーシスポイント(bp)の利下げが実施される確率を60%織り込んでいる。総裁の講演前は50%だった。

豪債券先物は上昇。3年物は8ティック高の98.330。

ロウ総裁は、経済見通しについて楽観的な見方を維持しつつ、失業が増え、インフレの停滞が続く場合、利下げする可能性があるとの考えを示した。

総裁は講演で「ここ1年間は、次の金利の動きは下に向かうよりも上に向かう可能性が高かったが、現時点ではその可能性はより均衡しているもようだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below