April 18, 2017 / 4:12 AM / 9 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、鉄鉱石価格・中銀議事要旨で

[シドニー/ウェリントン 18日 ロイター] - 18日のオセアニア外国為替市場では、豪ドルが下落している。鉄鉱石価格の下落が重しになっているほか、きょう公表された豪中銀議事要旨を受けて、低金利が長期間続くとの見方が強まったことが背景にある。

豪ドルは0.4%安の1豪ドル=0.7556米ドル。ただ、先週付けた3カ月ぶり安値の0.7473米ドルは上回っている。

地政学リスクの高まりや仏大統領選を控え、円など安全資産にマネーが向かいやすく、豪ドルは売られやすい地合いが続いている。

ニュージーランド(NZ)ドルは1NZドル=0.7013米ドル付近。前日は2週間ぶり高値の0.7034米ドルを付けた。

豪国債先物は小幅に下落。3年物は1ティック下落して98.21。10年物は2ティック安の97.48で推移した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below