Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル小動き、米大統領の演説控え
2017年2月28日 / 03:43 / 9ヶ月後

シドニー外為・債券市場=豪ドル小動き、米大統領の演説控え

[シドニー/ウェリントン 28日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、トランプ米大統領の議会演説を控え、豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が小動きとなっている。

市場は、トランプ氏の政策が実際にインフレを押し上げ、景気回復を支援し、金利上昇につながるのかどうか見極めようと演説の内容に注目している。

豪ドルの対米ドル相場は不透明感を反映し、0.7681米ドル近辺と最近のレンジ(0.7650/0.7715米ドル)内にとどまっている。

NZドルの対米ドル相場は横ばいの0.7189米ドル。

シンクマーケッツのシニアアナリスト、マット・シンプソン氏は「豪ドルのレンジ抜けを可能にするとしたら、それはトランプ氏だろう」と指摘。「誰もが彼の演説に注目し、税制計画や財政支出に関する詳細を待っている。期待に応えられなければ、株式市場や米ドル相場に動揺を与え、リスク回避ムードが広がりかねない」と語った。

市場はまた、1日発表の豪国内総生産(GDP)統計にも注目している。

豪ドルは対NZドルでは約4カ月ぶりの高値近辺で推移。対円ではほぼ横ばい。

豪国債先物は下落。3年物は1ティック安の98.01、10年物は1ティック安の97.25。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below