February 12, 2019 / 3:57 AM / 5 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル小幅上昇、海外動向が左右

[シドニー 12日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが米中通商協議の緩慢なペースに左右される展開となったが、米政府機関の再閉鎖が回避される兆しが見られたことは市場のムードを支援した。

米共和党のシェルビー上院議員は11日、国境警備を巡る協議で「原則合意」に達したと明らかにした。

米中両国は今週の通商協議の前進に期待感を表明した。

豪ドルは小幅上昇の0.7074米ドル。5週間ぶり安値の0.7054米ドルを若干上回る水準となっている。

国内の経済指標は強弱まちまちで、金利見通しに関する市場のハト派的な見方を変える内容ではなかった。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した1月の企業景況感指数はプラス7と、前月から4ポイント上昇し、急低下した前月から持ち直した。

NABのチーフエコノミスト、アラン・オスター氏は「インフレが引き続き弱く、成長率も豪中銀の予想を下回る中、労働市場に悪化の兆しが出るか、もしくは消費者支出が一段と悪化すれば、中銀が景気支援に乗り出す可能性がある」との見方を示した。

金利先物市場が織り込む年内の25ベーシスポイント(bp)利下げの確率は76%となっている。

この日発表された12月の豪住宅融資は6.1%減となり、住宅市場への圧迫が浮き彫りになった。

NZドルは0.6728米ドルに下落。同国中銀が13日の政策会合で慎重な姿勢を示すとの見方が高まっている。

TDセキュリティーズのアジア太平洋マクロ・ストラテジスト、アネット・ビーチャー氏は「NZ中銀は豪中銀よりハト派的となり、下振れリスクを強調するだろう」と述べ、利下げシナリオが復活する可能性があるとの見方を示した。

豪国債利回りは2016年終盤以来の安値付近にあり、3年物利回りは1.668%。国債先物は10年物が4.5ティック安の97.8950。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below