July 7, 2020 / 5:42 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル底堅い、中銀の金利据え置きが支援

[シドニー 7日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが最近の上昇分を維持する展開。中国株式市場の上昇を背景に世界的にリスク地合いが改善していることや、豪中銀の金利据え置きに支援されている。

豪ドルの対米ドル相場は0.6970米ドル近辺で小動き。一時は0.6998米ドルまで上昇し、3週間ぶりの高値を付けた。次の主要抵抗線は6月の高値(0.7069米ドル)、支持線は0.6950米ドル、0.6900米ドル。

オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は7日の定例理事会で、市場の予想通り、オフィシャルキャッシュレートを過去最低の0.25%に据え置いた。また、必要な場合さらなる緩和の用意があるとの認識をあらためて示した。

オーストラリアでは現在、ビクトリア州で新型コロナウイルスの感染者が再び急増しており、感染状況や経済活動の見通しに影を落としている。

コムセックのシニアエコノミスト、ライアン・フェルスマン氏は「メルボルン郊外の広範にわたるロックダウンや(ニューサウスウェールズ州との)州境の閉鎖は、経済規模が国内第2位のビクトリア州で期待されていた経済活動の早期回復に打撃となる」と語った。

豪10年債利回りは0.92%近辺で小動き。過去3週間、0.895─0.977%のレンジで推移している。

ニュージーランドドルの対米ドル相場は0.6550米ドル近辺と、最近付けた5カ月ぶりの高値(0.6585米ドル)をやや下回る水準。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below