February 9, 2018 / 4:12 AM / 5 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル約1カ月ぶり安値、NZドルも軟調

[シドニー 9日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが1カ月超ぶりの安値をつけた。世界的に質への逃避が進む中、週間ベースで2週連続で下落する見通し。ニュージーランド(NZ)ドルも直近の最安値近辺で推移している。

豪ドルは0.2%安の0.7767米ドルと、12月下旬以来の安値となった。週間では約2%下げている。前週は2.3%下落した。

NZドルは、3営業日連続で下落。0.7210米ドルと、前日付けた約1カ月ぶり安値(0.7176米ドル)近辺。週初からは1.3%下げている。

各国の金融市場が大幅に変動するなかリスク回避が進み、豪ドルとNZドルは週初から圧迫されている。国内で低金利政策が当面続くとの観測も両通貨を圧迫している。

豪中銀のロウ総裁は前日、目先の利上げを支持する「強い根拠」はないとの見解を示した。

また、この日発表された四半期金融政策報告で中銀は、失業率が従来予想よりもやや速いペースで低下するとの見通しを示した。ただ、基調的インフレ率が2019年半ばまでに目標である2─3%の下限に達するとは引き続き見込んでおらず、利上げはまだ当分行われないことを強く示唆した。

キャピタル・エコノミクスの首席エコノミスト、ポール・デールズ氏は「こうしたコメントは、今年上半期の利上げの可能性を確実に排除している。恐らく下半期にも利上げはないだろう」との見方を示し、「われわれは、2019年終盤まで利上げはないと予想している」と述べた。

豪国債先物は、3年物が5ティック高の97.870、10年物が3ティック高の97.145。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below