September 20, 2019 / 6:20 AM / in a month

シドニー外為・債券市場=豪ドル週間で下落へ、利下げ観測高まる

[シドニー 20日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で、豪ドルはほぼ横ばい。10月の追加利下げ観測が高まる中、週間では約1カ月半ぶりの下落率を記録する見通し。ニュージーランド(NZ)ドルは約2週間ぶり安値近辺で推移している。

豪ドルは0.08%高の0.6795米ドル。一時2週間ぶり安値の0.6779米ドルをつけた。今週に入り1.2%下落。週間の下落率は8月2日までの週に記録した1.6%以来の大きさとなる見通し。

19日発表の8月失業率が5.3%と、1年ぶりの水準に悪化したことから、豪ドル売りが加速した。雇用統計を受けて、コモンウェルス銀行(CBA)、ナショナル・オーストラリア銀行、およびシティは、利下げ時期予想を1カ月前倒しした。

金利先物は10月の25ベーシスポイント(bp)の利下げを80%以上織り込んでいる。

前日発表の2018/19年度の財政収支がわずかに赤字となり、黒字化しなかったことも豪ドルを圧迫した。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ベン・ウディー氏は、当面は財政出動は見込めないとし、景気支援に向け中銀への期待が高まると指摘。8月の失業率が悪化したことを踏まえると、10月の利下げの可能性が高まったと説明した。

NZドルは2週間ぶり安値近辺の0.6285米ドル。週間では約1.4%安で、2週連続の下げとなる見通し。

NZ国債は小幅上昇。長期債利回りは約3bp低下。

豪政府債先物は、3年債が3ティック高の99.290、10年債が3.5ティック高の98.9800。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below