August 27, 2018 / 3:23 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル高値維持、政局混乱収束やリスク選好で

[シドニー/ウェリントン 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドル高値を維持。豪政局の混乱が収束したほか、リスク選好も高まっている。

豪ドルは0.7326米ドル前後で推移。与党・自由党の党首交代を巡る混乱で前週後半は急落したが、24日には1%上昇した。

NZドルは0.6685米ドル。こちらも24日は安値の0.6620米ドルから上昇した。

中国人民銀行が人民元相場の安定に向けた措置を発表したことも豪ドルの地合いを支えている。このところの元安は他の新興国通貨や商品相場の重しとなり、資源価格の動向に敏感な豪ドルにも影響が波及していた。

また、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が24日、米経済に過熱の兆候はみられず、インフレ期待は抑制されているとの見解を示したことを受け、リスク選好が高まっている。

市場は議長の発言について、FRBが一段と積極的な利上げを行うリスクが後退したと受け止めた。

オーストラリア・アンド・ニュージーランド(ANZ)銀行のチーフエコノミスト、シャロン・ゾルナー氏は調査リポートで、パウエル議長のより「中立的」なコメントを受け、幅広い通貨に対する米ドル高の持続性に対する同行の懐疑的な見方がやや強まったとの味方を示した。

豪国債先物は小幅下落し、3年物は1.5ティック安の97.955。10年物は1ティック安の97.4550。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below