Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル、堅調な指標や鉄鉱石高が下支え
December 4, 2017 / 5:47 AM / in 14 days

シドニー外為・債券市場=豪ドル、堅調な指標や鉄鉱石高が下支え

[シドニー/ウェリントン 4日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルの対米ドル相場が先週末1日につけた2週間ぶり安値を上回る水準で推移している。鉄鉱石価格の上昇に加え、堅調な経済指標が下支え要因。

豪ドル/米ドルは0.7603米ドル付近。1日には一時11月21日以来の安値となる0.7551米ドルを付けていた。

きょう発表された第3・四半期の豪企業在庫は季節調整済みの前期比で0.2%増加し、予想の0.1%増を上回った。経済成長率の押し上げ効果は約0.2%ポイント。

また、同期の企業の賃金・給与も増加し、家計所得にとっては朗報だった。

オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行が発表した11月の求人広告件数も6年ぶりの高水準となり、雇用の強い伸びがまだ当分は続きそうなことを示唆した。

ANZのエコノミスト、フェリシティ・エメット氏は顧客向けのリポートで「第3・四半期の企業統計は差し引きでやや上向きの内容だった」とした上で、これらのデータにより、6日に発表される第3・四半期の国内総生産(GDP)について「前期比伸び率で比較的好調な0.8%を無理なく予想できるようになった」と指摘した。

中国大連商品取引所の鉄鉱石先物が4日続伸し、9月中旬以来の高値を付けたことも豪ドルの支援要因。

もっとも、米ドルが主要通貨に対して上昇しているため、豪ドルは最近のレンジを抜け出すまでには至っていない。

NZドルの対ドル相場は0.44%安の0.6859米ドル。

今週は、5日のNZ準備銀行(中央銀行)総裁の講演や6日の乳製品入札がNZドルの注目材料となりそうだ。

豪国債先物は軟化。3年物は2ティック安の98.030、10年物も2ティック安の97.4350。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below