Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル、対米ドルで下落 対円では大幅高
2017年9月21日 / 03:46 / 1ヶ月前

シドニー外為・債券市場=豪ドル、対米ドルで下落 対円では大幅高

[シドニー 21日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが対米ドルで下落する一方、国内金利の上昇を背景に円やスイスフランなど低金利通貨に対して上昇した。

豪ドルは1豪ドル=0.8010米ドル、NZドルは1NZドル=0.7333米ドルといずれも対米ドルで直近の高値から下落している。

米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて年内の追加利上げ観測が高まったことで米10年債利回りが6週間ぶりの水準に上昇し、ドルを押し上げた。

一方、オーストラリアとニュージーランドの金利も大幅に上昇し、キャリー取引の需要が高まった。豪3年債利回りは過去2週間で2015年終盤以来の水準まで上昇。日本国債とのスプレッドは236ベーシスポイント(bp)と2014年12月以来の水準に拡大した。

豪ドル/円は90.30円と2年ぶりの高値に迫った。過去8営業日で3.9%上昇している。チャート上で89.33円と89.42円のダブルトップを上抜けたことで91.23円が次のターゲットとなっている。

NZドルは82.50円。

CBAの首席エコノミスト、マイケル・ワークマン氏は「金融市場ではここ数週間で国内と海外の成長見通しが一段と楽観的になった」と指摘した。「われわれは豪中銀が2018年終盤まで利上げしないと予想している。だが、前倒しとなるリスクが高まっている」と分析した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below