August 7, 2018 / 3:14 AM / 13 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル、政策金利の発表控え小動き

[シドニー 7日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルが小動き。米中貿易問題の影響で世界の経済成長に対する懸念が深まる中、豪州では中銀がこの後理事会の結果発表を予定している。

豪ドルは0.7390米ドル近辺で横ばい。支持線とみられる0.7350米ドルと、抵抗線とみられる0.7440米ドルを挟んで動きづらい展開となった。7週間以上にわたり、チャート上の主要な水準である0.7311米ドルと0.7484米ドルの間に収まっている。

ニュージーランドドルは最近のレンジの下値近辺である0.6734米ドル。支持線とみられる0.6710/20米ドルの範囲からあまり離れていない。

オーストラリア準備銀行(RBA、豪中央銀行)は政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置く見通し。据え置きは、過去最長の2年となるとみられる。

市場の関心は、RBAの理事会後に発表される声明に集まっている。10日には四半期見通しと金融政策を発表する予定。アナリストらは、RBAが18年と19年のGDP伸び率が3%をやや上回るとの見通しを据え置くと予想した。

インターバンク金利先物市場は、2019年8月までの利上げの可能性を50%しか織り込んでいない。

ウェストパックのシニア外為アナリスト、ショーン・キャロー氏は「RBAが政策金利を据え置いた場合、世界的な要因がカタリスト(触媒)となって、豪ドルが6月上旬以来続いている0.73―0.75米ドルのレンジを抜ける可能性が高まるだろう」との見方を示した。「特に、米中貿易戦争により豪州の主要輸出品であるコモディティー価格にさらなる打撃が及ぶかどうかに注目している」とも述べた。

豪ドルの対ユーロ相場は、1ユーロ=1.5638豪ドル。6日には、7週間ぶり安値の1.5604豪ドルを付けた。対英ポンドでは2カ月ぶり安値の1ポンド=1.7489豪ドル。

豪国債先物は小動き。3年物が0.5ティック高の97.875、10年物は97.3250でほぼ横ばい。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below