April 5, 2017 / 3:42 AM / 9 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル、3週間ぶり安値近辺

[シドニー/ウェリントン 5日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが3週間ぶりの安値近辺で推移している。オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)の前日の理事会後の声明がややハト派的だったと受け止められている。

豪ドル/米ドルは0.7570米ドル近辺と、前日の中銀の声明発表後に付けた3週間ぶり安値(0.7545米ドル)からそれほど遠くない水準。

アナリストは0.7500米ドル付近がチャート上の主要支持線とみている。

豪中銀は前日、予想通り政策金利を据え置いたが、これまで「まちまち」としていた雇用市場の状況について弱さを指摘した。

AMPキャピタルのチーフエコノミスト、シェーン・オリバー氏は「豪ドルは依然として高過ぎる。基調インフレはより長期間にわたって目標を下回る見通しで、経済成長に対するリスクもある」と指摘した。

豪ドルは対円では4カ月ぶりの安値近辺。リスク志向の低下を背景に安全資産とされる円の需要が高まっている。

ニュージーランドドル(NZドル)/米ドルは0.6979米ドル。前日には3週間ぶりの安値となる0.6970米ドルを付けていた。

豪国債先物はまちまち。3年物は2ティック高の98.130、10年物は横ばいの97.3600。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below