Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル3カ月ぶり高値圏、4日の豪中銀理事会に注目
July 3, 2017 / 4:42 AM / 6 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル3カ月ぶり高値圏、4日の豪中銀理事会に注目

[シドニー/ウェリントン 3日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが対米ドルで3カ月ぶり高値圏を維持。最大の貿易相手国である中国の指標で製造業の堅調ぶりが示されたことや、国内指標も軒並み良好だったことが背景。

豪ドルは0.7684米ドル近辺で取引され、先週末30日に付けた約3カ月ぶり高値、0.7712米ドルからやや戻している。豪ドルは6月に3.5%上昇し、1月以来の高い上昇率を記録した。

投資家は4日の豪準備銀行(中央銀行)の理事会に注目している。4日の理事会では政策金利が据え置かれる公算が大きい。

最近の豪指標によると、雇用市場に回復の兆しが見られるほか、過熱気味だった主要都市の住宅市場では沈静化の兆しが見え始めた。

ニュージーランドドル(NZドル)は米ドルの下落などを受け、5カ月ぶり高値圏を維持。NZドルは先週末30日に2月以来の高値となる0.7347米ドルを付け、週明け3日は0.7325米ドル付近で推移している。

アナリストによると、0.7350米ドル付近に抵抗線がある。

豪国債先物は下落。3年物は3ティック安の97.990と3カ月半ぶりの安値。10年物は4ティック安の97.3100と5月12日以来の安値。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below