Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル5カ月ぶり安値、NZドル9日続落
November 21, 2017 / 3:56 AM / in 24 days

シドニー外為・債券市場=豪ドル5カ月ぶり安値、NZドル9日続落

[シドニー/ウェリントン 21日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが5カ月ぶりの安値を更新した。

豪中銀が今月の理事会の議事要旨で賃金やインフレの上昇ペースを巡る「相当な不透明感」に警戒感が示したことを受けて、政策金利が長期にわたって据え置かれるとの見方が強まった。

ニュージーランド(NZ)ドルは、2012年5月以来最長となる9営業日続落。乳製品の国際入札を控え、乳製品の過剰供給に対する懸念が浮上している。

豪ドルは、6月中旬以来の安値となる1豪ドル=0.7532米ドル。過去10営業中7日は、下落もしくは横ばいとなっている。

豪ドルは9月初旬に0.8100米ドルを上抜けたが、その後は下落基調にある。9月初旬以降の下落率は6.5%。豪利上げ期待の後退や米金利上昇が背景だ。

豪中銀は先にインフレ予想を下方修正し、基調インフレ率が目標レンジ2─3%の下限に達するのは2019年初め以降になるとの見通しを示している。

市場関係者は、ロウ豪中銀総裁が21日0905GMT(日本時間午後6時05分)に予定している講演に注目している。

NZドルは1NZドル=0.6798米ドルに小幅下落。前週末終値は0.6781米ドルと、1年半ぶりの安値だった。

NZの乳製品大手フォンテラは21日、10月のミルクの生産が前年比で3%増加したと発表した。前回の入札では、乳製品の国際価格を示すGDT価格指数は7カ月ぶり低水準となった。

豪国債先物は下落。3年債は2ティック低下の98.040、10年債も2ティック低下の97.42。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below