October 3, 2019 / 5:09 AM / in 12 days

シドニー外為・債券市場=豪・NZドルが対円で下落、リスク回避

[シドニー 3日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは、対円で1カ月ぶり安値付近で推移。予想を下回る米経済指標を受けて、世界経済の減速に対する懸念が浮上しており、リスク資産が売られている。

対ドルでは狭いレンジ取引。

0313GMT(日本時間午後0時13分)時点で豪ドルは0.1%高の1豪ドル=0.6715米ドル。ただ、今週記録した10年半ぶり安値0.6670米ドルに近い水準で取引されている。

NZドルは0.1%安の1NZドル=0.6263米ドル。今週記録した4年ぶり安値0.6204米ドルに迫っている。

前日の海外市場では、9月の米ISM製造業景気指数に続き、ADP全米雇用報告も弱い内容となり、リスク回避姿勢が強まった。

HSBCの金利・為替ストラテジスト、トム・ナッシュ氏は「(弱い経済指標を受けて)米国株は軟調に推移しており、豪米の金利差は豪ドルにやや有利な状況となっている」と指摘した。

この日発表となった8月の豪貿易収支は59億豪ドルの黒字。鉄鉱石価格の下落などを背景に黒字幅は前月の72億豪ドルから縮小した。

キャピタル・エコノミクスによると、第3・四半期の国内総生産(GDP)伸び率への純輸出の寄与度は0.1%ポイントと、第2・四半期の0.6%ポイントを大幅に下回る見通し。

同社は「輸入額の低迷を踏まえると、内需の回復はこれまでのところ遅れている。このため豪中銀の12月の追加利下げを予想している」と述べた。

金融市場は、早ければ来月にも50%の確率で今年4度目の利下げが実施されるとの見方を織り込んでいる。

2年物と3年物の豪国債利回りは60ベーシスポイント(bp)前後に低下。2年物のNZ国債利回りは73bp付近で、史上最低。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below