Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪・NZドルが小幅安、米国債利回り上昇で
2017年10月2日 / 05:40 / 21日前

シドニー外為・債券市場=豪・NZドルが小幅安、米国債利回り上昇で

[シドニー/ウェリントン 2日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは小幅下落。米国で利上げ観測が高まり、米国債利回りが上昇する一方、豪中銀とNZ中銀は政策据え置きが予想されている。

豪ドルは1豪ドル=0.7825米ドルに小幅下落。チャートでは0.7800米ドル近辺に強い支持線があるが、これを割り込めば0.7740米ドルの水準が視野に入ってくる。

トランプ米大統領が米連邦準備理事会(FRB)の次期議長にウォーシュ元FRB理事を指名する可能性があるとの観測も米ドルへの買いを支えた。ウォーシュ氏はイエレン議長よりもタカ派的とされ、同氏が議長に就任すれば利上げペースが加速する可能性がある。

こうした中、米2年債利回りは1.503%と、9年ぶりの水準に上昇。数週間前には60ベーシスポイント(bp)を超えていた米豪2年債の利回り格差は50bpに縮小した。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は3日に開く理事会で政策金利を1.5%に据え置くことが確実視されている。

豪不動産コンサルタント会社コアロジックが発表した9月の国内主要都市の住宅価格は前月比0.3%の上昇にとどまった。

UBSのエコノミスト、ジョージ・サレノウ氏は、住宅市場の減速と高水準の家計債務を考慮すると、豪中銀は「予想以上に政策の正常化に苦慮」し、FRBに後れを取るだろう、と指摘した。

NZ中銀も早期の政策変更は想定していない。

NZドルは1NZドル=0.7196米ドル。

総選挙の結果を受けて連立政権の鍵を握る第3勢力に浮上したNZファースト党は今週、与党・国民党、野党・労働党と個別に予備的な連立協議を開始する方針を示した。

ウエストパックのアナリスト、イムレ・スパイザー氏は「最近のドル高とNZ総選挙を受けた不透明感を踏まえると、NZドルは下落リスクがある」との見方を示し、0.7130米ドルがターゲットだと述べた。

豪国債先物は小幅安。3年物は2ティック安の97.790、10年物は97.1100。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below