March 14, 2019 / 4:15 AM / 5 days ago

シドニー外為・債券市場=豪・NZドルに売り圧力、国債利回り低下で

[シドニー 14日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが売り圧力にさらされている。いずれも国債利回りの低下が続き、米国債との利回り格差が拡大している。

一方、中国の経済統計が一部の予想ほど弱くなかったことは一定の支援材料となっている。1─2月の中国鉱工業生産はアナリスト予想に届かなかったものの、小売売上高と固定資産投資は予想を上回った。

豪ドルは0.3%安の0.7074米ドル。前日の安値(0.7049米ドル)は上回る水準となっている。

NZドルは今週の高値(0.6873米ドル)付近にある抵抗線を抜けることができず、0.6853米ドル付近で推移。0.6830米ドル付近が下値支持線となっている。

両国では年内利下げの観測が高まるなか国債価格が引き続き上昇した。

豪金利先物は現行1.5%の政策金利が8月にも25ベーシスポイント(bp)引き下げられる可能性を完全に織り込んでいる。今月初めの時点では市場が織り込む利下げ時期は来年2月だった。市場は1%への利下げも80%の確率で織り込んでいる。

こうした中、豪3年物国債利回りは政策金利をわずかに上回る1.513%まで低下し、2016年終盤以来の低水準を付けた。

豪10年債利回りは米10年債を66bp下回る水準となり、利回り差は過去最大に広がった。

NZ10年債利回りも2.06%前後に低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below