June 18, 2018 / 6:10 AM / 3 months ago

シドニー外為・債券市場=豪・NZドルは数カ月ぶり安値、米中貿易問題を懸念

[シドニー/ウェリントン 18日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルとニュージーランドドルが対米ドルで数カ月ぶり安値に下落した。米ドルが上昇したほか、米中が互いに関税導入を発表したことから貿易戦争に対する懸念が広がった。

世界的な貿易戦争になった場合、輸出やコモディティーへの依存度の高い豪州とNZは特に悪影響を受ける可能性が高い。さらに、中国は豪州産鉄鉱石と石炭の最大の輸入国であり、需要の減少は豪州経済に直接の影響をもたらす恐れがある。

豪ドルは一時、0.7426米ドルと5月上旬以来の安値を付けた。前週は2.1%超下落し、週間では2月上旬以来の大幅な下げを見せた。前週末は0.1%高の0.7446米ドルだった。

NZドルは3週間ぶり安値の0.6920米ドル。前週末は0.1%安の0.6942米ドルだった。前週は1.1%安と、週間では4月下旬以来の大幅下落となった。

トランプ米大統領は15日、中国からの総額500億ドルに上る知的財産権およびハイテクに関連する製品に対し25%の輸入関税をかけることを明らかにした。

これに対し、中国も同等の規模の措置を直ちに導入する姿勢を示した。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)はリポートで「貿易問題の緊迫化で豪ドルへの下方圧力が高まった一方、米経済が関税により直接の影響を受けるにもかかわらず米ドルは下支えされている」と指摘。「リスク許容度は脆弱(ぜいじゃく)であり、豪ドルは引き続き守勢に立たされるだろう」と述べた。

主要6通貨に対するドル指数は昨年11月以来の高水準に張り付いている。米連邦準備理事会(FRB)が前週、今年2回目の利上げを行い、年内はあと2回の利上げを予測しているとした一方、豪・NZの中銀は当面の政策金利据え置きを表明している。

豪国債先物は上昇。3年物が2ティック高の97.87、10年物は3.75ティック高の97.330。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below