July 26, 2019 / 3:39 AM / 23 days ago

シドニー外為・債券市場=豪・NZドル下落、低金利長期化観測で

[シドニー 26日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが下落。市場関係者の間では、金利は低下に向かっているだけではなく、数年間低水準にとどまるとの見方が広がっている。

豪ドルは1豪ドル=0.6945米ドルに下落。週間では1.4%安となる見込み。支持線は0.6940米ドル付近と0.6910米ドル。

NZドルは0.6657米ドルで週間では1.5%下落。0.6655米ドル付近の支持線が脅かされており、この水準を突破した場合次の目安は0.6600米ドルで、0.6567米ドルも視野に入っている。

豪中銀のロウ総裁は25日、中銀はインフレ率を2─3%の目標レンジに戻すことに「強力にコミット」する方針で、金利は長期間低水準にとどまると発言。中銀の緩和バイアスを強調した。

インフレ率は過去3年2%を下回っていることから、アナリストの間ではこれが長期のプロセスになるとの見方が広がり、豪国債利回りは過去最低を記録した。

豪10年債利回りは1.227%に低下。週間では13ベーシスポイント(bp)の低下となっている。3年債先物は99.205の最高値を付け、週間では約10ティック高。

ノムラのエコノミスト、アンドリュー・ティスハースト氏は「引き続き11月頃の追加利下げと、これが不十分となる可能性を考えている。総裁が失業率とインフレ率の目標達成を真剣に目指すなら、中銀は来年何らかの量的緩和(QE)を検討せざると得ない」と述べた。

NZ中銀も8月に利下げに踏み切り政策金利は1.25%に、来年2月までには1%に引き下げられると予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below