August 5, 2019 / 2:40 AM / 20 days ago

シドニー外為・債券市場=豪・NZドル下落、元安が波及

[シドニー 5日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが下落。中国が米国との貿易摩擦で人民元を対抗手段に利用するとの憶測が浮上する中、人民元の代理通貨とされる豪ドルとNZドルの空売りが広がっている。

オフショア人民元が節目の1ドル=7元を突破すると、豪ドルは1豪ドル=0.6775米ドルに値を下げた。1月のフラッシュクラッシュ(瞬時の相場急落)時に付けた0.6740米ドル近辺が支持線とみられている。

NZドルも0.6511米ドルに下落。支持線は5月から6月にかけての安値水準(0.6482/90米ドル)付近にある。

米国が先週、中国に対する追加関税を発動する意向を示して以来、豪ドルとNZドルは安全通貨の円に対して下落し、豪ドル/円は1月のフラッシュクラッシュを除けば2009年以来の安値となる71.86円を付けた。

豪中銀が6日に開く政策理事会では米中貿易摩擦が重要な議題になる見通しだが、今回は金利据え置きの可能性が大きいとみられている。ただ、市場は11月までの追加利下げを完全に織り込み、来年の早い時期にさらに1回の利下げがあると予想している。

豪国債市場では10年債利回りが過去1カ月で40ベーシスポイント(bp)低下し、過去最低の1.032%を記録。3年債利回りは0.72%を付けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below