December 6, 2018 / 5:14 AM / 7 days ago

シドニー外為・債券市場=豪・NZドル下落、豪利下げ観測が浮上

[シドニー 6日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが3日続落。

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部がカナダで逮捕されたことを受け、米中関係悪化の懸念から株式市場は軒並み下落している。

豪ドルは0.7224米ドルまで下落し、過去1週間の上昇を消した。0.7200米ドル付近の支持線を試す展開が予想されている。

NZドルは0.6862米ドルに下落。

豪2年債利回りは9カ月ぶり低水準の1.93%に低下。先物市場では、来年の利上げ予想が影を潜め、小幅利下げの可能性が浮上している。前日発表された第3・四半期の実質GDPの伸び率が予想以上に鈍化したことが背景。

また、前日カナダ中銀が「インフレを伴わない追加の成長余地があり得る」と追加利下げペースに慎重な姿勢を示し、カナダドルが売られたことも豪ドル押し下げにつながっている。

きょう発表された豪小売売上高と貿易統計には反応薄。

ノムラのエコノミスト、アンドリュー・ティスハースト氏は、2019年8月と20年半ばの豪利上げ予想を修正し、「金利据え置きは当面続くと考えている」との見方を示した。さらに、市場がわずかな利下げ観測を織り込む可能性に言及し、「われわれの想定以上だが、センチメントは理解できる。これがさらなる利回り曲線スティープ化につながる可能性がある」と述べた。

豪3年債先物は9月初め以来の高値となる98.050に上昇。11月は97.775まで下落していた。

10年債先物は3カ月ぶり高値の97.5250に上昇。さらに上昇すれば、17年6月以来の高値となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below