April 15, 2019 / 5:44 AM / 11 days ago

シドニー外為・債券市場=豪・NZドル堅調、米中通商合意に期待感

[シドニー 15日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが約7週間ぶり高値付近を維持し、ニュージーランド(NZ)ドルも底堅く推移した。ムニューシン米財務長官が中国との通商協議について楽観的な見方を示したことが支援材料となった。

豪ドルは0.7172米ドル。前週末12日には2月下旬以来の高値となる0.7193米ドルを付け、週間では0.9%高となった。

ムニューシン財務長官は13日、米中通商協議が「最終ラウンドに近い」ことを期待していると述べた。

またロイターは、米政府が通商合意の条件として中国側に求めていた製造業向けの補助金削減要求を緩和したと報じた。

今週は豪中銀が16日に発表する4月理事会の議事要旨や18日発表の豪雇用統計に関心が集まる。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)はリポートで「豪ドルは雇用統計の大幅な下振れや、来週発表の第1・四半期インフレ統計に敏感に反応するだろう」と指摘した。

その上で「想定される米中通商合意やそれに伴う中国などの成長見通し改善が、商品価格やリスク選好の下支えを通じて差し引きで豪ドルにプラスになる可能性が高い」との見方を示した。

NZドルは続伸し、直近で0.6776米ドルとなっている。

世界的なリスク選好の改善で国債は売られた。豪国債先物は3年物が4ティック安の98.55、10年物は6.5ティック安の98.045。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below