October 2, 2019 / 6:02 AM / 14 days ago

シドニー外為・債券市場=豪・NZドル小反発、米ドル軟調で

[シドニー 2日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが前日に付けた約10年ぶり安値から小反発。弱い米経済指標を嫌気して米ドルが軟調となった。

豪ドルは0.13%高の0.6711米ドル。1日は豪中銀が今年3回目の利下げを決定し、追加緩和の可能性を示唆したことを受け、2009年3月以来の安値を付けていた。

市場の関心は今後中銀が発するメッセージに集まる。半期に1度の金融安定報告が4日に公表されるほか、向こう数日間に当局者の講演も予定されている。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのエコノミスト、トニー・モリス氏はこれらのイベントについて「中銀は2020年について明るい見通しを維持しているものの、(市場は)中銀が非伝統的政策などを巡る見解を示し始めるとみる可能性がある」と述べた。

米供給管理協会(ISM)が1日発表した9月の製造業景気指数が2009年6月以来の低水準となったことを受け、ドル指数は約2年ぶり高値から下落した。

米ドルが全般的に軟調となる中、ニュージーランド(NZ)ドルは前日に付けた4年ぶり安値からやや回復し、0.6248米ドルとなっている。

豪国債先物も上昇。3年物は2.5ティック高の99.390、10年物は0.5ティック高の99.035。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below