June 3, 2020 / 4:58 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪・NZドル続伸、経済活動再開でリスクオン

[シドニー 3日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが続伸。世界各国での経済活動の再開がリスク資産を支援している。

豪ドルは0.6%高の1豪ドル=0.6936米ドル。一時は1月上旬以来の高値となる0.6982米ドルを付けた。ここ3営業日で4.4%上昇しており、0.7000米ドルを目指す展開となる。

NZドルも0.6%高の1NZドル=0.6404米ドルで、今週これまでの上昇率は3.5%。3月に付けた0.5469米ドルの安値から大きく回復している。

リスク選好の高まりで円は売られ、豪ドル/円は5カ月ぶり高値となる75.74円を付けた。今週に入って4.7%上昇している。

多くのアナリストは豪ドルの見通しを上方修正している。

CBAの外為アナリスト、ジョセフ・カパルソ氏は「中国の景気支援策にけん引されて世界経済は長期にわたる回復の初期段階にあり、豪ドルのようなコモディティー(商品)通貨の見通しは改善した」と述べた。その上で、豪ドル/米ドルは新型コロナウイルス流行前の0.70米ドルの水準を年内に回復し、来年は0.70米ドル台半ばに上昇する」との見方を示した。

オーストラリア統計局が発表した第1・四半期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.3%減と、9年ぶりのマイナス成長となった。

第2・四半期はさらに大幅なマイナス成長が予想され、約30年ぶりの定義上のリセッション(2四半期連続のマイナス成長)入りがほぼ確実になった。それでも他の多くの先進国が直面する景気の落ち込みと比べれば小幅にとどまるとみられる。

豪中銀も2日、景気下振れの度合いは以前の予想よりもやや緩やかになる可能性があるとの認識を示した。

これを受けて市場では、マイナス金利導入の観測が後退。豪10年債利回りは3日、7ベーシスポイント(bp)上昇して0.978%となった。

3年債利回りは横ばいの0.269%。中銀は3年債利回りを0.25%前後に維持する目標を設定している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below