July 19, 2018 / 4:37 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=雇用統計受け豪ドル上昇、NZドル横ばい

[シドニー/ウェリントン 19日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが堅調な国内雇用統計を受けて上昇した。就業者数が大幅に伸びたものの失業率改善には不十分との見方から、上げは限定的だった。ニュージーランド(NZ)ドルは、ほぼ横ばいとなっている。

豪ドル/米ドルは、雇用統計を受けて0.5%超上昇し、0.7444米ドルを付けた。その後やや押し戻され、直近では0.7428米ドル近辺で推移している。

6月の豪就業者数は前月比5万0900人増加し、予想の1万7000人増を大きく上回った。

就職関連サイト、インディードのエコノミスト、カラム・ピッカリング氏は、労働市場の緩みがそれほど大きいと賃金やインフレ率の押し上げにはつながらず、それが解消されない限り中銀が利上げを急ぐことはないとの見方を示した。

来週は四半期の豪インフレ統計が発表される。エコノミストはインフレ率が中銀目標の2─3%を下回ると予想している。

NZドル/豪ドルは、3営業日連続の上げが一服し、0.6788米ドル近辺で横ばい。

豪国債先物は、3年物が4ティック安の97.86、10年物が2.5ティック安の97.3350。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below